静岡市の出張写真撮影

静岡市の出張写真撮影カメラマン依頼・予約19,800円〜

出張 カメラマン 静岡市

当サイトをご覧くださり、ありがとうございます。こちらのページでは静岡市でのプロカメラマン(写真家・フォトグラファー)による出張撮影サービスを紹介しています。

 

本サービスでは、赤ちゃん写真・キッズフォトから結婚写真・ウェディングフォト、還暦祝いなどの家族写真を中心に各種記念写真を気軽にご依頼いただける安心価格で承っております。

 

▼サービス内容・ご利用料金等の情報につきましては、下記の公式ホームページにて詳しい記載がございます。

出張 撮影

 

▼撮影ご希望日まで日数が少ない方は下記窓口よりお問い合わせくださいませ。

出張 撮影 依頼

 

≪地域情報≫

静岡市(しずおかし,英: Shizuoka City)は、静岡県中部に位置する政令指定都市であり、同県の県庁所在地である。駿府城下を基盤とした商業都市の旧静岡市と、特定重要港湾を擁する港湾都市の旧清水市が新設合併して誕生した市である。

 

出張 撮影 静岡市

 

●人口
下図のように、近年、静岡市の人口は、減少傾向に歯止めがかからない状態であり、政令市の人口要件である70万に迫っている。2016年2月現在政令指定都市の中では最小の人口である。

 

●地域間関係
静岡市は、県中央部に広大な市域を擁しているが、市街地は南部の平坦地に集中している。 平成21年3月27日 、国によりに「中心市街地活性化基本計画」が、2地区(静岡地区、清水地区)に認定された。1つの自治体で2地区認定されているのは北九州市(小倉地区、黒崎地区)に続く2例目で、平成21年12月時点熊本市(熊本地区、植木地区)と合わせ3市である。 なお、最近は静岡駅寄りの東静岡駅周辺にも、文化施設や商業施設を主体とする新市街地が形成されつつある。

 

●地理
葵区、駿河区、清水区の3区で構成されている。静岡県の東西のほぼ中央、東京と名古屋のほぼ中間の太平洋ベルト地帯上に位置し、範囲は駿河湾から赤石山脈(南アルプス)まで南北に広がる。静岡県を東西に移動する場合、同市を通過せずに行くことは不可能である。2003年4月に旧静岡市と旧清水市の合併で福島県いわき市を抜き、2005年2月に岐阜県高山市が周辺9町村と合併するまで、日本一広い面積を持つ市であった。現在では、岐阜県高山市、静岡県浜松市、栃木県日光市、北海道北見市に次いで、全国で5番目に面積が広い市で、都道府県庁所在地の市としては日本最大の面積を誇る。

 

●自然
富士山を望む日本平、三保の松原などの景勝地や、温暖な気候でも知られる。三方を山に囲まれ、南は駿河湾に接している。市域面積の10%未満しかない平野部に人口の約98%が集中しており、残り市域の大半は非可住の山林である。糸魚川静岡構造線上に位置しており、急峻な山や急流が目立つ。また、駿河トラフに近いために、南関東と同様に大地震の危険性が指摘されており、防災にも力が入れられている。

 

●行政区
2005年4月1日の政令指定都市移行に伴い、3つの行政区が設置された。行政区の数は政令指定都市の中では相模原市と並んで最も少ない(次に少ないのは岡山市の4区である)。これは、従来の行政管轄や地域流動をそのまま移行させ、移行による混乱を最小限に抑えるためであること、コスト面、サービス面でバランスが良い1行政区あたり20万人前後という適正人口目安に沿うように設定しているからである。
・葵区(旧静岡市の長田地区、国吉田一・二丁目、中吉田の一部、弥生町を除く東海道線より北の地域と旧清水市楠、鳥坂の各一部※楠は一部が瀬名川三丁目に、鳥坂も一部が東瀬名町および瀬名一丁目に編入されている)
・駿河区(長田地区、国吉田一・二丁目、中吉田の一部、弥生町と旧静岡市東海道線より南の地域と旧清水市谷田、草薙の各一部※いずれも町域で谷田に編入されている)
・清水区(旧清水市の全域(楠、鳥坂、谷田、草薙の各一部を除く)、旧庵原郡蒲原町、由比町の全域)

 

●市町合併の経過
現在の静岡市は、旧静岡市と旧清水市の新設合併(静清合併(せいせいがっぺい))により、2003年4月に発足した。市の名称については、合併の際の合併協議会の多数決により「静岡市」となった。したがって現在の静岡市は、制度上は旧静岡市とは別の自治体である。同様の例は数多くあり、県内では磐田市、掛川市、袋井市(いずれも2005年4月1日合併)や島田市(2005年5月5日合併)等があげられる。

 

2005年4月1日には、さいたま市(2003年4月移行)に続いて全国で14番目の政令指定都市に移行した。

 

2006年3月31日には蒲原町を編入し、これによって飛地が発生した。これは、同じく庵原郡由比町では現在の静岡市との合併が議会で否決され、富士川町では合併相手として現在の静岡市ではなく、元々経済圏である富士市を選んだ。ただし、由比町では住民投票で合併賛成派が多数となった。2007年4月22日の由比町長選挙では合併推進の現職が当選、町議会議員選挙でも合併推進派が過半数となった。これに伴い、5月1日の由比町議会で、5月14日から合併推進室を設置することが可決された。これに基づき、「静岡市・由比町合併協議会」を再度設置して協議が進められ、2008年11月1日に合併することで双方が合意した。12月5日に合併調印式を開催。2008年11月1日には由比町を編入し、飛地を解消した。